奉仕活動

ネパール大地震復興支援プロジェクト 2015-16年度報告

2015年5月~2016年4月まで
東京恵比寿ロータリークラブ
国際奉仕委員会

2015年4月25日、ネパールの東部に於いて、大地震が発生致しました。我々が支援しておりますパルパ県は、ネパールの中央部にあるため、相対的に大きな被害を免れましたが、それでも多くの建物に被害が出ました。我々はすぐさまパルパ・タンセン・ロータリークラブの垣見氏と連絡を取り、クラブ会員の安否を尋ねたところ、全員無事とのことで一安心致しました。そこで、どのような支援が最も相応しいかをお尋ねし、小学校の修復が最も望まれていることが分かりました。我々は直ちに義援金を募集して、集まった37万5千円をネパールへ2015年6月にお送り致しました。
垣見氏はそれらを被害の程度に応じて5校に手渡しました。

  • フプセッコット小学校(10万ルピー)
  • ジャナプリヤ小学校(5万ルピー)
  • マクナ・デヴィ小学校(5万ルピー)
  • シャンティ小学校(5万ルピー)
  • シャンティ小学校(5万ルピー)

これら5校はその後、直ちに校舎の修復作業に取り掛かり、修復は2016年4月に完了致しました。
写真は被害状況の写真、寄付金の贈呈式の模様および受領証です。

ジャナプリヤ小学校

マクナ・デヴィ小学校